結婚指輪とは違う!?婚約指輪には独特の注意点がある

婚約指輪は結婚指輪と似て非なるもの

特に指輪などの装飾品に頓着しない男性の中には、婚約指輪と結婚指輪の見分けがつかない人が多くいます。双方は同じ結婚にまつわる指輪ながら、全く違う性質のものであることを十分理解しておかなければなりません。結婚指輪は、これから夫婦として末永く暮らしていこうという誓いを体現したものであり、日常生活においても装用することが好ましいとされるため、シンプルなデザインが好まれます。一方婚約指輪は、女性に対してプロポーズを受けてくれたことに感謝する意味合いで贈られる指輪になるため、豪華なデザインのものが良いとされます。

婚約指輪を用意するには相応のお金がかかる

結婚指輪はシンプルなデザインであるため、夫婦一対でもその平均額は20万円前後とされます。しかし、婚約指輪は女性に喜んでもらうために豪華なデザインが好まれるため、相応の金額がかかります。「給料の3か月分」と言われるのは、婚約指輪の高額さを端的にあらわす表現でしょう。しかし、昨今ではここまで高額な金額がつぎ込まれることはあまりありません。プラチナなどを鍛えて最初から作成する場合は高額な金額がかかりますが、既製品であれば高くても30万円前後とされます。

デザインをどうするのか困った場合には…

婚約指輪はサプライズで用意されることが大半ですが、やはり用意するに当たって最大のハードルは「どのようなデザインにするのか」という点でしょう。女性が好みそうな装飾品の造形に詳しい男性であれば問題ありませんが、やはり大半の男性はそうしたデザインにまで思い至りません。既製品であれば無難なデザインで所謂「ハズレ」になることはありませんが、やはり一生に一度のことなので、独自のデザインの指輪を贈りたい所です。そうした場合は、結婚指輪への打ち直しを意識した改変しやすいデザインの婚約指輪を贈るのも一つの手段です。最終的なデザインを女性主導で決めることができるため、心に残る記念の指輪にすることができます。

婚約指輪は、給料の3か月分というのが良く妥当だと言われます。ダイヤモンドの宝石が入った婚約者に送る指輪です。