結婚式の引き出物とは?!相場やおすすめの品は?

結婚式の引き出物とは?

結婚式の引き出物とは、結婚式や披露宴に招待したゲストから、御祝儀を貰ったお礼として、配る品です。元々は、披露宴で出た食事の一部を、家で待っている家族に持ち帰るというものでした。しかし、現代では記念品というイメージや記念品が渡されるのが一般的でしょう。地域や家代々の習慣などにより、引き出物に違いがあります。最近では、ゲスト一人一人の個性に合わせて、お礼の引き出物を選び、贈り分けするカップルも増えています。

引き出物の相場と喜ばれる品は?!

引き出物は、ゲストが結婚式や披露宴に出席する際に支払う飲食費の3分の1のものにするのが一般的です。すなわち、1人あたり、1万5千円の飲食費を支払う場合は、5千円の引き出物を選ぶのが妥当でしょう。最も選ばれるのが多い品はカタログギフトです。1万5千円の引き出物を用意したい場合には、1万5千円のカタログギフトを用意することができ、そのカタログの中から、ゲストが個人個人で好きなものを頼むことができます。

貰い手が困る引き出物とは?!

最も選ばれることが多い、カタログギフトや、小さなタオルやバス用品の詰め合わせなどは、持ち帰る際にあまり場所も取りませんし、重さもないので喜ばれます。しかし、夫婦の名前入りコップや、食器の詰め合わせなどは、持ち帰る際に重く、ガラスが割れないように慎重に持ち帰らないといけません。自宅に持ち帰ってからも、現状で使っている食器があり、置き場に困ってしまうということも考えられます。また、名前が大きく入ってしまっているものだと、その後の使い道に困ってしまうので避けた方が良いでしょう。

少人数での結婚式は心が温まるので披露宴にもこだわったほうが良いのかもしれません。上質な空間で挙式が行えるので贅沢な時間が過ごせます。