結婚式で最高に輝く指輪を披露しよう!種類・サイズ・お手入れについて

結婚指輪のデザインは?

結婚の証として男女ともに薬指にはめる指輪。毎日つけるものだから、お気に入りの一品を見つけたいですよね。指輪のタイプには大きく分けて、ストレート、S字、V字があり、ストレートは飽きのこないシンプルなデザイン、S字は指に沿って優しい印象、V字は指を長く見せることができます。S字、V字だと女性的なイメージになるのではと抵抗のある男性もいるでしょうが、緩やかなカーブのものも多いので、はめてみると意外としっくりくるでしょう。同じような形でも、太さによって印象も変わりますし、自分の指との相性もあるので、とにかくたくさん試着するのみです。

指輪のサプライズプレゼントは危険!?サイズ選び

普段指輪をはめる習慣のなかった方だと、指輪をはめると途端に窮屈に感じることもあると思います。ついつい緩めのサイズを選びたくなりますが、せっかくの宝石が手の平側に回ってしまい、いちいち直すのが面倒です。また、サプライズで結婚指輪をもらったけれど、サイズが合わず気づいたら指輪が外れて消えていたという悲惨な話もあり、ましてやそれが結婚式でみんなに披露する前だったなんてことがあったら、悔やんでも悔やみきれません。指輪は必ず本人が試着をして購入したほうが無難でしょう。

新品のような状態で披露しよう

結婚式には、指輪を最高に輝いた状態で披露したいものです。でも、入籍を先に済ませて、すでに購入済みの場合は、結婚式まではめずにとっておくなんで待ちきれませんよね。そんな時は、磨き直しをして新品のような状態にしましょう。細かな傷を削り落とすので少し指輪の強度は落ちますが、結婚の証として早く指輪をはめたい方にはおすすめです。磨き終わるには少々日数がかかりますので、結婚式に間に合わないなんてことにならないように注意しましょう。

挙式当日に結婚指輪が入らず、無理矢理入れたところ指が鬱血し、挙式後、スタッフの方が大騒ぎで指輪を外し、披露宴は指輪なし。こういった事例がないよう指輪は相手に合わせて選びましょう。